雨の日のクモ

雨の日のクモ

今日も曇り空です。

このところ太陽を見ていない気がします。

まあ、涼しくていいのかもしれませんが、こうも毎日雨が続くと、家の中はじめじめして洗濯物は乾かないし、カビが発生するしでいいことがありません。

たまにはからっと晴れてもらいたいものです。

今日もお昼前から雨が降り出しました。

雨は時間が経つにつれ強くなりました。

先日の大雨で崩れてしまったお城の石垣が心配になりました。

私が仕事から帰るときも、結構雨が強く降っていました。

そして、車に乗って、窓をふと見ると1匹のクモが窓に張り付いていました。

最初、窓の内側にいると思って嫌だな~と思ったのですが、よく見ると窓の外側に張り付いていました。

さらによく見ると、そのクモは、ミラーのあたりから窓のひさし部分にかけてクモの巣を作っていました。

この雨の中でもクモは巣を作るのかと感心しました。

そう言えば、以前、クモの糸はとても強いものだという特集をテレビで見たことがあります。

確かクモの糸はワイヤーよりも強いと言われていたような気がします。

そんなクモの糸なので、雨の中でもダメにならないのでしょうね。

そう言われてみれば、雨が降ってもクモの巣はそのままの状態で残っているような気がします。

私の車に張り付いたクモは、その後も雨に打たれながらも窓にぴったりと張り付いていました。

信号待ちをしているときに、クモを見ていたのですが、動こうとすると雨で滑るようで、動けずにいるようでした。

クモの巣も崩れずに、風に吹かれてゆらゆらと揺れていました。

そうして、その状態で家に着きました。

車を止めて降りるときに、このままにしておこうかとも思いましたが、やはり気持ちが悪いので、傘の先でクモの巣を切り落としました。

せっかく巣を作ってこの悪条件の中ここまで持ちこたえたのにごめんなさいという感じでした。

クモも車の中に入ってきたら困るので、傘の先で窓から落としました。

せっかく頑張って張り付いていたので、このクモにもごめんねと心の中で謝りました。

しかし、クモってすごいですね。

小さな虫なのに、雨の中でも逞しく生きています。

まさに雨にも負けず風にも負けずです。

小さな虫の生命の強さに感動した出来事でした。

ステップワゴンスパーダ

美味しいスープ

友人が野菜をいろいろと煮込んで野菜スープを作るのにはまっていると言っていました。

何でもいいので、とくにかく野菜をたくさん入れてコンソメで煮込むというシンプルなスープなのだそうです。

この野菜スープ、入れる野菜によって味が微妙に変わるのだそうです。

それが美味しくて最近よく作って飲んでいると言っていました。

友人は、セロリを入れるとさっぱりした味になるので美味しいと言っていました。

野菜スープは、冷蔵庫の中にいつまでも残っていて、しなしなになる一歩手前の野菜の整理にもなっていいかもしれません。

私は、一時期中華風のスープにはまっていました。

鶏がらスープの素に塩、こしょう、醤油などを入れて味付けします。

具材はいろいろなものを入れていました。

定番は、わかめやたまごなのですが、春雨を入れたり、コーンを入れたりもしました。

ちょっとボリュームが欲しいなと思ったときは、鶏肉やささみを入れたりもしました。

ボリュームがあるスープはそれだけでいいおかずになります。

冬は、白菜と肉団子、春雨などを入れてスープを作るとそれだけでおかずになりました。

お肉では、豚肉もスープに合います。

豚肉とにんじんなどの野菜を入れたスープも美味しかったです。

でも、これから暑くなってくるとあまり温かいスープは飲みたくないものですよね。

そんなときは、冷たいスープもいいものです。

以前、よく食事に行っていたお店では、その季節の旬の食材で作ったスープが出ていました。

夏は、じゃがいもやトマト、そら豆の冷たいスープが出ていました。

そら豆の冷たいスープはとくに美味しかったです。

じゃがいもの冷たいスープは、じゃがいもをたくさんもらったときに、家で作ったことがあります。

作り方は簡単でした。

じゃがいもやたまねぎをコンソメで煮込んでそれに牛乳を加えます。

そしてそれをミキサーにかけ、塩こしょうで味を整えるだけでできあがりです。

冷たく冷やすととても美味しかったです。

簡単なので、誰でも失敗することなく作ることができるスープだと思います。

スープっていいですよね。

具材は何を入れてもいいものだと思います。

それこそ冷蔵庫の中のあまりもので十分かもしれません。

洋風もよし中華もよし、冷たいものもよし。

よし、明日は何か美味しいスープを作ろうかな。