雨の日の家遊び

雨の日の家遊び

雨が続くと大人も憂鬱になりますが、外で遊ぶことができない子供も憂鬱になるのではないでしょうか。

そんな子供のために、家の中で大人と一緒に遊べる遊びの記事を見つけました。

その遊びの中に、新聞紙プールという遊びがありました。

新聞紙プールは、まずゴムのプールを膨らませるか大きな目のダンボールでプールを作ります。

そしてその中に新聞紙をびりびりとやぶって入れるというものでした。

これは果たして遊びと呼べるものなのだろうかと一瞬思いました。

まあ、斬新な遊びですよね。

後片付けが大変そうです。

でも、この遊び、新聞紙をびりびりと破ることで、大人も子供もストレスの発散になるのだそうです。

確かに、何かを思いっきり破るとすっきりしますよね。

それは大人も子供も同じなのかもしれません。

子供と遊びながらストレス発散ができるなんて、この新聞紙プール以外と素晴らしい遊びなのかもしれません。

新聞紙を破ってしまったら、その新聞紙を水に見立てて頭からかぶったり、魚を作って遊んだりといろいろと工夫をして遊ぶと良いのだそうです。

さすがに大人だけでこの遊びをしているとちょっと変ですが、子供も一緒だと楽しく遊べるかもしれません。

意外によく考えられた遊びだなと思いました。

ただ、何度も言うようですが、後片付けが大変そうです。

後片付けのことを考えるならば、新聞紙は大きめに破ったほうが良いかもしれません。

また、段ボールハウスを作るという遊びも載っていました。

この段ボールハウスを作るときには、まず子供が入るくらいの大きさの段ボールを用意しましょうと書いてありました。

小さな子供ならば良いのですが、体が大きな子供だと結構大きな段ボールが必要になりますよね。

でも、適度な大きさの段ボールがあれば、この遊びは面白そうだなと思いました。

子供は秘密基地のような自分たちだけの空間って好きですよね。

段ボールに窓をつけたり、ドアを書いたりしていると、基地を作っているようでわくわくするのではないでしょうか。

上手くできたら、しばらくその段ボールハウスが基地になるかもしれません。

雨の日にいかにお金をかけずに家で楽しむか。

いろいろと考えてみるのもいいかもしれませんね。

工夫次第で、雨の日を楽しく過ごす遊びが見つかるかもしれません。

フォレスターアウディa4

値上がりしたうなぎ弁当

最近、値上がりしているものの中にうなぎがあります。

知り合いの人がコンビニを経営しているので、丑の日にうなぎ弁当をとってくれないかと連絡をしてきました。

年に何回もないことなので、とるのはいいのですが、その値段が気になりました。

こんなに高かったかな‥と思ったのです。

そのうなぎ弁当は、鹿児島産うなぎ蒲焼重、ハーフサイズで1490円でした。

ハーフでなければ1980円でした。

ちょっとした外食並のお値段ですよね。

コンビニのうなぎ弁当でおよそ2000円、ん~ちょっと悩んでいます。

去年もこのうなぎ弁当をとったのですが、去年はもっと安かったと思います。

友人も同じものをとっていたので、「去年はいくらだったかな?」と聞いてみると、「普通のサイズのうなぎ弁当は1600円くらいだったような気がする」と言っていました。

言われてみれば確かにそれくらいのお値段だったような気がします。

うなぎを出すお店もうなぎ料理の値段を値上げしているのだそうです。

吉野家も鰻丼を去年より100円値上げするのだそうです。

もともとうなぎはそう安いものではないのですが、ますます手が届かないものになりつつあるようです。

このうなぎの値上がりの原因は、うなぎの稚魚の不漁にあるのだそうです。

不漁は、3年連続で続いているのだそうです。

築地市場での蒲焼うなぎの卸値は、2年前と比べると5~9割も上がっているのだそうです。

5~9割って恐ろしい上がり方ですよね。

これならばうなぎ料理を出すお店も相当な値上げをしなければ合わないですよね。

仕方がないことかもしれません。

でも、値上げをするとお客さんも遠のいてしまうかもしれないので、お店側も大変ですよね。

よほどうなぎ好きな人ならば、値段が上がってもそれでもうなぎを食べたいと思うかもしれませんが、そうではない人は、じゃあ他のものを食べようと思うかもしれません。

うなぎ料理を出すお店は死活問題ですよね。

中国などから輸入を増やしたり、養殖を増やしたりして、うなぎを確保するということは難しいのでしょうか。

また、うなぎが以前のように獲れるようになるまで、何か良い対応策があれば良いですよね。

今年の丑の日は、よし今日はうなぎだ!という人は少なくなるかもしれませんね。

今年の夏は、うなぎ以外のものでスタミナをつけることを考えたほうが良いかもしれません。